なぜ植物によって種まきの方法が異なるのですか

タネによって温度、水分、酸素など発芽のための条件が異なりそれに合わせたまき方をします。 植物の種類によりそれぞれの故郷が異なり、もともとの環境条件に適応するのと同じように、タネの発芽条件も異なります。 タネが発芽する3つ…

用土の再生

乾燥させて古い残がいを取り除き、日光などで殺菌消毒し、通気性、排水性、肥料成分を改善します。 ベランダなどで園芸を楽しんでいると、枯れた鉢物や植え替えの際に出る古い鉢土の処分に困ることがよくあります。 一度、植物を栽培し…

鉢土はいくつもの土をブレンドするのはなぜです

育てる植物に合わせて、数種類の用土を配合するとよく育ちます。 鉢土には植物が勢いよく、丈夫に育つように、いろいろな用土を混ぜた配合土を用います。 それぞれの用土は、土の物理性、化学性を改善するために用います。 有機物はお…

有機物は毎年、土に加えたほうがいいの?

毎年、晚秋から冬には、庭の土に腐葉土や堆肥を混ぜるとよく花が咲きます。 有機物を施用することによる大きな効果は、土の化学性、物理性を改善することにあります。 有機物そのものに養分を含んでいて、肥料としての効果や매補正効果…

なぜ毎年、石灰を土に施すのか?

育てたい植物に適したphに用土を整えると、よく育ちます。 土には,酸性であるのかアルカリ性であるのかという特徴があります。 これはpH (水素イオン指数)で表され0-14の値で表示します。中心の7が中性, 7より低い場合…

なぜ土を耕すのですか?

土に空気を入れて微生物を活性化させるために耕します。 植物を長期間にわたり栽培すると、土の団粒構造が壊れてきます。 そこで、前の植物栽培(前作)が終わり、次の作付けが始まる前に、土の再生を行わなければなりません。 土の再…