なぜ植物によって種まきの方法が異なるのですか

タネによって温度、水分、酸素など発芽のための条件が異なりそれに合わせたまき方をします。

植物の種類によりそれぞれの故郷が異なり、もともとの環境条件に適応するのと同じように、タネの発芽条件も異なります。
タネが発芽する3つの条件として、温度、水分、酸素が知られていますが、光も発芽を左右する重要な条件になっています。
タネにより発芽に光を必要とするものとしないものがあり、それぞれを好光性種子および嫌光性種子と呼びます。
たとえば、ペチュニアやプリムラのタネは発芽に光を必要とする代表的なもので、タネをまいたあと、覆土してはいけません。

それに対し、ワスレナグサやニチニチソウではちゃんと覆土します。
タネの発芽に水分は欠かせないものですが、水分がちゃんと与えられても吸水しないものがあります。
代表的なものにマメ科の植物が知られ、硬実種子と呼ばれています。

種皮が硬く、容易に水を吸ってくれないのです。対策としては種皮にナイフなどで傷をつけたり、お湯にタネをつけ種皮をふやかしたりします。
タネの発芽の3条件のうち、温度はとても重要な条件です。
植物には発芽適温があり、もともとの植物の自生地の環境に適応し、季節の変化の中で発芽すべき時期が決まっています。自然の中でのタネの発芽時期の気温が発芽適温になります。
したがって、一般に高緯度地域を自生地とする植物では発芽適温は低く、低緯度地域を自生地とする植物では発芽適温が高いことになります。
タネの発芽が進行すると、生長中の胚(受精卵が発達した発芽前の植物体)が盛んに呼吸を始めます。
このため、酸素(空気)は発芽に極めて重要です。
水浸しで酸素が供給されない状態ではタネは発芽しません。
一般に、タネは胚と、発芽の際のエネルギーを蓄えている胚乳からなります。
お米の食用にしている部分が胚乳になり、幼植物に相当する部分が胚になります。