鉢土はいくつもの土をブレンドするのはなぜです

育てる植物に合わせて、数種類の用土を配合するとよく育ちます。

鉢土には植物が勢いよく、丈夫に育つように、いろいろな用土を混ぜた配合土を用います。
それぞれの用土は、土の物理性、化学性を改善するために用います。
有機物はおもに土の団粒構造をつくるために配合します。
排水性をよくするためにはパーライト(発泡させた人工用土)や砂を配合します。
また、土のphを低くするためにピートモスを配合することもあります。

一般に土のブレンドは、ベースになる基本用土に土の通気性,排水性、保水性,保肥性を改善する改良用土と肥料を加えてつくります。
基本用土としては、赤土、黒土(黒ボク)、田土(荒木田土)や川砂などがあります。
改良用土には、有機物としての腐葉土、堆肥、ピートモスなど、無機物としてのパーライト、バーミキユライトなどがあります。
基本用土は地域性があり、関東では関東ローム層の下層の粘質の火山灰土が赤土で、微塵が多く通気性に欠けるため、ふるいにかけ、大、中、小と粒子の大きさに分けて、赤玉土として売られています。

関西地方以西には、真砂土と呼ばれる花崗岩が風化した土があり、粒子が細かく粘土質で、通気性が悪くて重い土です。
この土をもとに培養土をつくるときは、水はけ、通気性をよくするため、腐葉土を3-4割程度混合します。
川砂を加えることもあります。
また、酸性の土なので、必ず石灰などで酸度を調整します。

荒木田土は水田の下層土や河川の堆積土で、重く、保水性、保肥性がある土です。
無機物のパーライトは通気性、排水性を高めるためによく用います。
どのような用土を用いるか,それぞれの用土の配合比率をどうするかは、植え込む植物に適する物理性、化学性に合うようにします。
市販の培養土には、どのような植物に適しているかが表示されていますが、上記のようなことを考えブレンドされています。